読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢とガラクタの集積場

落ちこぼれ三流エンジニアである管理人の夢想=『夢』と、潰えた夢=『ガラクタ』の集積場です。

scalaで出来ることを並べてみる:タプル

JavaやらC#でプログラムを書いていると、『返り値を複数返したい』ケースが出てきます。

特に、違う型の返り値を返したい場合が厄介です。
返り値を返すためだけにBeanクラスを作ったりする。。。というのは面倒ですからね。
・・・まぁ、返り値を複数返したい時点でクラス/メソッド設計が微妙という突っ込みはありますが、
それを言ってしまうと本末転倒なのでここでは省略します。

scalaでは返り値を複数返したい場合、Tupleという型があります。
一言でいえば、異なる型のインスタンスを格納可能なListという感じです。
イミュータブルで、異なる型のインスタンスを混在して格納出来て、型指定も可能。

とりあえず使ってみたサンプルは下記の通りです。
■TupleMain.scala

package jp.gr.kmtn.scalatutorial.grammertips

/**
 * タプルテスト用メインクラス
 *
 * @author Fukushi-
 */
object TupleMain {

  /**
   * タプルテスト用プログラムエントリポイント
   */
  def main(args: Array[String]): Unit =
    {
      val tuplePair = ("Arg1", 2)

      Console.println(tuplePair);
      Console.println(tuplePair.getClass());
      Console.println(tuplePair._1);
      Console.println(tuplePair._2);

      val tuplePairGenerics: Tuple2[Int, String] = (100, "Arg2")

      Console.println(tuplePairGenerics);
      Console.println(tuplePairGenerics.getClass());
      Console.println(tuplePairGenerics._1);
      Console.println(tuplePairGenerics._2);

      val tupleQuintet = ("Args1", 2, 3, "Args4", "Args5");
      Console.println(tupleQuintet.getClass());
    }
}


で、実行結果は下記の通り。
■実行結果

(Arg1,2)
class scala.Tuple2
Arg1
2
(100,Arg2)
class scala.Tuple2
100
Arg2
class scala.Tuple5


どうやら、指定した引数の数に応じてTuple2、Tuple3...という別々の型が用意されているようです。
いくつまであるかは興味深い所ですが、そんな増える時点で他の所を疑うべきなのは確かですね。