読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢とガラクタの集積場

落ちこぼれ三流エンジニアである管理人の夢想=『夢』と、潰えた夢=『ガラクタ』の集積場です。

QconTokyo2012に行ってきました!(S3-2

こんにちは。

前回の投稿の続きで、S3-2での話のまとめを投稿します。
玉川 憲さんによる、「クラウドデザインパターン -AWSを用いたシステム設計のベストプラクティス-」。
クラウドデザインパターンのつくられた経緯と、
いくつかの例となるシナリオを基に説明する内容でした。

・・・クラウドデザインパターンにまとまっているので、
逆にまとめずらいセッションだったとも言います。
ともあれ、まとめは下記です。

ちなみにQCon当日のスライドは上がっていませんが、
クラウドデザインパターントップページから見えるスライドと内容は大体同じのため、見れば大体わかります。
とりあえず、これらの資料を見ると網羅されてしまうわけでして・・・ええ、自滅してますよね。私(汗

AWSデザインパターン形式知化されたことで、
今までクラウドは使いこなせば凄いんだけど、難しいものという認識から、
やろうと思えば使えるものという形で心理的な距離が大いに縮まったのは確かです。

というか私自身が2009年にAWSが出た頃に使ってみて使いこなせずに投げた口ですので(汗
当時はWebコンソールもなかったんですよねぇ・・・

3年たって様々なサービスとAPIが充実し、
普通にソフトウェアとして使えるようになったのはやはりうれしいところです。