読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢とガラクタの集積場

落ちこぼれ三流エンジニアである管理人の夢想=『夢』と、潰えた夢=『ガラクタ』の集積場です。

HelloWorld改造版(別クラス参照)でのscalaの特徴とメリットデメリット

とりあえず基本型のコードは書いたのでその中で出てくるscalaの特徴と、
メリットデメリットについてまとめます。

ただ、私がベースがJava/C#プログラマな関係上、
どーしてもその2つの言語との比較になってしまうのでご注意。

1.変数に型宣言が不要


下記のコードを見てわかるように、変数に型宣言必要ありません。
ただ、valという変数を示す宣言があるだけです。

val upper = hellos.map((s:String) => s.toUpperCase())

メリットとしては、型宣言が必要ないため、
1つの関数をより汎用的に様々なクラスで使用できること。
デメリットとしては型宣言が無い関係上その瞬間での型制約が出来ず、
変数からメソッドを呼び出す場合に問題になる可能性が大きい、あたりでしょうか。

メリット:
1つの関数をより汎用的に使用可能。
デメリット:
変数の型に制約が無いため、実行時にエラーとなる可能性があがる。

2.逐次実行時一時的な変数に代入する必要が無い

下記の2行目のように、逐次実行時に一時的な変数に代入する必要がありません。
→ 1行目のように代入(変数:s)して明確にした上で実行することも可能。
_という無名の変数を用いて表現できてしまう。


val upper = hellos.map((s:String) => s.toUpperCase())
upper.foreach(Console.println(_))


これはかなり大きいメリットがあるかと。
なにせ、一時変数がわらわら出来てしまうことがなくなり、可読性がよくなりますので。
但し、デバッグの時に微妙に大変そうだなぁ、とは思います。
リモートデバッグで無名変数ってどーやって指定するんだろ。。。。

メリット:
一時変数を削減し、コードの可読性が向上
デメリット:
デバッグが困難(?)

こんな感じかな。
とりあえず今後もコード書く→特徴まとめるのサイクルをまわしていくか。