読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢とガラクタの集積場

落ちこぼれ三流エンジニアである管理人の夢想=『夢』と、潰えた夢=『ガラクタ』の集積場です。

scalaで出来ることを並べてみる:Map

JavaC#においてはMapオブジェクトというのは後で何かを追加して使いまわすために
用いられる『ミュータブルオブジェクト』という扱いが基本です。

ですが、scalaのような関数型言語では『イミュータブルオブジェクト』として扱うのが基本だそうな。
実際、Mapにも「scala.collection.mutable.Map」と、「scala.collection.immutable.Map」として
2種類クラスツリーが存在していています。

クラス名称的には微妙にわかりにくい気もしますが。

で、動作も下記のように違ってきています。

■ImmutableMapObjectMain.scala

package jp.gr.kmtn.scalatutorial.grammertips

import scala.collection.immutable.Map

/**
 * イミュータブルMapテスト用メインクラス
 *
 * @author Fukushi-
 */
object ImmutableMapObjectMain {
  /**
   * イミュータブルMapテスト用プログラムエントリポイント
   */
  def main(args: Array[String]): Unit =
    {
      val immutableMapFirst = Map(1 -> "One", 2 -> "Two")
      val immutableMapSecond = immutableMapFirst + (3 -> "Three")
     
      Console.println(immutableMapSecond.toString);
    }
}


■MutableMapObjectMain.scala

package jp.gr.kmtn.scalatutorial.grammertips

import scala.collection.mutable.Map

/**
 * ミュータブルMapテスト用メインクラス
 *
 * @author Fukushi-
 */
object MutableMapObjectMain {
  /**
   * ミュータブルMapテスト用プログラムエントリポイント
   */
  def main(args: Array[String]): Unit =
    {
      val mutableMapFirst = Map[Int, String](1 -> "One", 2 -> "Two")
      mutableMapFirst += (3 -> "Three")
     
      Console.println(mutableMapFirst.toString);
    }
}


実行結果はどちらも下記のようになります。
■実行結果

Map(3 -> Three, 1 -> One, 2 -> Two)


イミュータブルなMapの場合、+メソッドを使って新しいMapを生成する形で要素を追加。
ミュータブルなMapの場合、+=メソッドを使って新しい要素を追加する形になります。

イミュータブルMapの場合、既存のオブジェクトに影響を与えないことが保障されますが、
要素の追加を行う度に新規Mapが生成されるため、下手すると性能問題になるかもしれません。

ミュータブルMapの場合、既存のオブジェクトに追加されるため性能的には優れそうですが、
いつの間にか状態が変わっている可能性が出てきます。

この辺りを考慮して使い分けるのがよさそうです。
何にしても、使い分けられるのはいいですね。