読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢とガラクタの集積場

落ちこぼれ三流エンジニアである管理人の夢想=『夢』と、潰えた夢=『ガラクタ』の集積場です。

API Demosの使い方

1か月くらい間が空いてしまいましたが。。。こんばんは。

最近Scalaから若干Androidの方に戻ってきてしまっています(汗

というのも、実は下のタブレットを買ってしまったんですよね。

一体どんな機能があるんだろう、ということで、
APIDemosを入れて試してみることにしました。

とりあえず今日はAPIDemosをインストールしておきます。

やり方は・・・・
まずは、Eclipseからプロジェクトを作成します。

んでもって、Androidプロジェクトを選択。

New Android Projectが表示されたら下記の4手順を実行します。
1.Project Nameを入力
2.Build Targetを選択(今回の場合、Android3.0)
3.「Create project from existing sample」にチェックを入れ、
  下のドロップダウンリストから「ApiDemos」を選択。
4.Finishを選択

そうすると、こんな感じにAPIDemosプロジェクトが作成されます。

後は、AndroidタブレットをUSB接続して、
APIDemosをタブレットにインストールして実行するだけです。

ちなみに実行するとこんな画面が表示されます。

これで実機へのApiDemosのインストールが完了です。
Android3系なので色々新しい機能が試せそうです。
ただ、メニューが多すぎるので、どのメニューで何が体験できるか、は次回以降に。